「東京」の歌詞 やしきたかじん

1993/3/25 リリース
作詞
及川眠子
作曲
川上明彦
文字サイズ
よみがな
hidden
あんたとなら
いつんでも
かまわへん
わすれないで
そんなおんないたことを
見上みあげたそらさえも
つめたいいろやけど
あたしが本気ほんき
れたひと
そうまれたまちやから
いとしさも にくしみも
すべてすべて
ぎゅっときしめ
いのるように 今日きょう
ともる東京とうきょう
ゆめだけ
きてるような
あんたやった
いつかあたし
つことにもれてたよ
くすんだかぜのなか
かたよせらしたね
だれにもてへん
ひとやけど
本物ほんものあいをくれた
かなしくて くやしくて
いていて
ばかりいたけど
かけがえの ないひとに
えた東京とうきょう

いたいほどきなのに
なんでなんで
わかれたんやろ
いまもまだ むねおく
れる東京とうきょう
かなしくて くやしくて
いていて
ばかりいたけど
かけがえの ないひとに
えた東京とうきょう