「順子」の歌詞 やしきたかじん

1988/11/1 リリース
作詞
鹿紋太郎
作曲
鹿紋太郎
文字サイズ
よみがな
hidden
不思議ふしぎだね いまこうして
きみきしめてるなんて
いくつもの偶然ぐうぜん
二人ふたり わせた
はじめからかんじてたよ
あそびですむこいじゃないと
言葉ことばさえ もどかしい
ほどにわかりえた
とおはなれていてもこころ
かたむすばれていたよね
えないよるゆめなか
おとずれてひとつになれる
もう順子じゅんこ
はなさないよ ずっと
一緒いっしょならどんなみちでも
きっとあるいてゆける
だから順子じゅんこ
いつもそばにいて
うみのようなひとみ
ぼくつめてておくれ

なにひとつ しくはない
きみとめぐりえただけで
とこしえのやすらぎに
ぼくつつまれてる
ありふれた科白せりふなどで
くせは
しないけれど
たしかだね 運命うんめい
だれさからえない
しんえたら
たとえ明日あす
えなくてもこわくないさ
やみなかでさえたましい
ぼくらをつないでいるから
さあ順子小じゅんこちいさなふねいま
二人漕ふたりこしてゆくのさ
ほし地図ちずたよりに
そうさ順子じゅんこ
ながたびだけど
きみまもってみせる
一番大事いちばんだいじきみ
もう順子じゅんこ
はなさないよ ずっと
一緒いっしょならどんなみちでも
きっとあるいてゆける
だから順子じゅんこ
いつもそばにいて
うみのようなひとみ
ぼくつめてておくれ