「心音」の歌詞 やなわらばー

2007/8/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こころきざまれた沢山たくさんきず それはわたしからだ一部いちぶ

たとえば 心開こころひらいて 唯一信ゆいいつしんじたひとからだったり
たとえば 大切たいせつひと期待きたい 裏切うらぎってしまった自己嫌悪じこけんお
いくらとしかさねても わすれることのないおさななみだ

いつのにか孤独こどくえら自分じぶんうそかためた
きみぐなひとみすべてをしんじてくれた

やっとあいすることが出来でききみのことをあいしているよ
いつわりのないその笑顔えがおおしえてくれたもの あいする勇気ゆうき
こころきざまれた沢山たくさんきず それはわたしからだ一部いちぶ
全部含ぜんぶふくめてうなずくきみがくれたひかりしんじよう

だれもがけるこのいたみは 皮肉ひにくにもひと大人おとなにする
しんじるこわれるつらわたしこころみこんだ
なみだまれるもの それはあたらしい自分じぶんだった

そら見上みあげてきみった
完璧かんぺきひとなんていないさ、本当ほんとうぼくだって孤独こどくなんだ」
きずだらけのきしめてくれた

やっとあいすることが出来できいま素直すなおえる気持きも
これまであるいてきたみちかえったままじゃすすめない
こころきざまれた沢山たくさんきず それはわたしからだ一部いちぶ
全部含ぜんぶふくめてうなずくきみがくれたひかりしんじよう

だれかに必要ひつようとされたかった 一人ひとりではきてゆけなくて
きみぬくもりがすべてをえてくれた 笑顔えがおへと

やっとあいすることが出来でききみのことをあいしているよ
いつわりのないその笑顔えがおおしえてくれたもの あいする勇気ゆうき
こころきざまれた沢山たくさんきず それはわたしからだ一部いちぶ
全部含ぜんぶふくめてうなずくきみがくれたひかりしんじよう