「桜の季節」の歌詞 ゆうゆ,初音ミク

2009/6/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
桜咲さくらさころぼくはここにもどるとちかった
きみ見上みあげたそらをいつまでもおぼえてるよ
「あんなに綺麗きれいはなはないよ」とはしゃいでいた横顔よこがお
かぜかれてはなびらたかたかのぼってく

ときぎて ながれたなみだかわいて
だれもが二人ふたりわすれてしまっていても

さくら さくら おどるように
あたたかいおも出包でつつ
さくら さくら かせておくれ
あのひとのいないみち

ひとりというながたびぼくはもうつかてて
きみのこした記憶きおく はるはるとおくの場所ばしょ

ただいたい

ふゆえて かわいたなみだきらめ
二度にどかえらないきみわすれずにきてくよ

さくら さくら あとすこしだけ
ぼく我侭わがままいて
さくら さくら とどけておくれ
はなびらにおも

さくら さくら おどるように
あたたかいおも出包でつつ
さくら さくら かせておくれ
あのひとのいないみち

さくら さくら きみ言葉ことば
ぼくいまここでおも
さくら さくら こえてくるよ
あの
ありがとう