「胡麻擂り」の歌詞 ゆう

2004/2/25 リリース
作詞
中島優美
作曲
中島優美
文字サイズ
よみがな
hidden
らされた子猫こねこよう
いまきることにめたわ
どこまでもつきまとうから
無邪気むじゃきにおどる子犬こいぬよう
興味きょうみつことにめたわ
そうでもしなきゃわすれちゃうから

御主人様ごしゅじんさまそれはあたしを七色なないろ
めてしまうちからのマジックなのよ

てしまったのあかまった
未来みらい明日あすらさずに
つみなきばつをただくれた
こわれたビロードの首輪くびわ
もう2度にどかえりはしないわ

御主人様ごしゅじんさまそれはあたしを透明とうめい
はこにとじめたそのトリックなのよ

2人ふたりをつないでいた首輪くびわいていくわ
あのにはすこしきつすぎるかしら

御主人様ごしゅじんさまそれはくさりをはなれてく
あたしの最後さいごのそのおせっかいなのよ