「孤独のパルティマン」の歌詞 ゆずひこ

2012/11/7 リリース
作詞
ゆずひこ
作曲
ゆずひこ
文字サイズ
よみがな
hidden
吟遊詩人ぎんゆうしじんうたうた
リュートをかなでてる
だれくはずがいと
わかっていたのにね

かれ故郷こきょう魔王まおうほろぼされ
一人ひとりただのこってしまった
あいするつまうたっていたこのうた
いま懐古かいこにただひたるために
言葉ことばつむいたいほどに

孤独こどくのパルティマン
不完全ふかんぜんなこのうた
かれうたつづける
こたえをもとめるように
あめったあさ
ゆきがやまないよるでも
希望きぼうがあるかぎ
リュートをかきらそう

いつかだれかのこころ
とどくとねが

かれ年老としおいた
孤独こどく日々何十年ひびなんじゅうねん
だれこたえない
それでもまだあきらめない

この世界せかいにはまだたことのない
異国いこくがあり文化ぶんかがあるのだろう
その人々ひとびとため自伝じでんしるそう
かれはそうおもってふでをとり
きだしたねがうみえた

とお異国いこく
うわさひろまっていく
ほろぼされたあの
まだひとがいるんだって
異国いこく王様おうさま
うわさたしかめようと
調査団ちょうさだん派遣はけん
さら数年後すうねんごこと

かれ今日きょううたった
野良猫のらねこ二人ふたり

嗚呼神様ああかみさまどうかもう一度いちどだけ
あいするひとわせてください」

ひろがる奇跡きせきうず
世界せかいんでいく
わらないうた

孤独こどくのパルティマン
不完全ふかんぜんなこのうた
かれうたつづける
こたえをもとめるように

かれまえ一人ひとり
見覚みおぼえのある女性じょせい
かれつまがそこに
ってほほんでた

しろひかりつつまれ
うた途切とぎれた

lalala...