「からっぽ」の歌詞 ゆず

1998/11/11 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
文字サイズ
よみがな
hidden
何気なにげないようかおして
いつもとおなよう
わらってた
今日きょうそらみたいに
あおんだ
きみなにかたりかけた
言葉ことばはいつもおくほうから
うしろむなしされて
おしえてくれた
けれどこんなにも
からっぽになったのに
ぼくあるきだした
どうにもならない
歯痒はがゆさが
ひとつづつゆっくりと
ぼくまえまる
だからその
ぼくないで
かなしくなるから
多分君たぶんきみぼくなか
もううつらない
ひときになること
あたまえことなんだけど
ぼくがもうすこしそのこと
っていれば
こんなことには
ならなかったのかもね
こたえはいま
つからないまま
かえしのうずなか
また一歩踏いっぽふすよ
だからその
ぼくないで
かなしくなるから
多分君たぶんきみぼくなか
もううつらない
わすれることなんて出来できない
ぼく今日きょう
ここにるから
きみかげを いつも
どこかさがしてる