「くず星」の歌詞 ゆず

1999/11/25 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
文字サイズ
よみがな
hidden
なにぼくにはできないと
めつけては した
あるいていた
せめてすべつつめる
おおきな おおきな
ちからしいと
ここにつぎもどとき
そのときぼく
けるときなんだよと
それはやさしくかたりかけて
ぼく居場所いばしょ
しめしてくれた
だれもいない この場所ばしょ
ぼくこえ
いてほしい
そうねがめて
ぼくはじめて
孤独こどくこわさをかみしめた
あぁ それでも
ひと出逢であいをもと
わかれになみだして つづ
どこまでもさがあるいてく
これからもずっと
たとえよわくはかない
ちいさなくずぼしでも

一言ひとことかたれずに
ぎてくときたしかに
あったけれど
ほんのすこやさしくなれた
あきかぜなかじっと
明日あしたってた
れたらすぐにこわれる
このおもいを
そっとにぎりしめ
ふとければ
れてくまち
今日きょう本当ほんとうことかくして
あぁ それでも
ひと出逢であいをもと
わかれになみだして つづ
どこまでもさがあるいてく
これからもずっと
たとえよわくはかない
ちいさな (くずぼしでも)
あぁ それでも
ひと出逢であいをもと
わかれになみだして つづ
どこまでもさがあるいてく
これからもずっと
たとえよわくはかない
ちいさなくずぼしでも
たとえよわくはかない
ちいさなくずぼしでも