「しんしん」の歌詞 ゆず

2007/10/3 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
まちはイルミネーション 光輝ひかりかがや世界せかい
とおぎてくのは はしゃいでたあの僕等ぼくら
去年きょねん今頃いまごろなら人波ひとなみをかきけて
二人ふたりさがあるいた しろおおきなクリスマスツリー

はしした電車でんしゃって きみはこのまちっていった
そしてのこされていったのは ぼくとこのまち景色けしき

しんしんとしたゆきぼくらのおもつつんでゆく
さようなら きみ出逢であってひとあいするくるしさをりました...

キャンドルにそっとともした やさしいあのあかりは
もう二度にどけることなど出来できるはずはないけれど

つめたい真冬まふゆかぜが ビルの間通あいだとおけてゆく
すれちが交差点こうさてんあおわる きみのいないみちあるいてゆく

舞落まいおちる見慣みなれないゆきぼくらのまちもってゆく
まだえないいたみをかくして わってくこのまちきてくから

かなわなかったゆめを わかんなかったきみなみだ
そのすべてをひかりかげ そらえてゆく

しんしんとしたゆきぼくらのおもつつんでゆく
さようなら きみ出逢であってひとあいするくるしさをりました...
さようなら きみ出逢であってひとあいするくるしさを よろこびをりました