「みらい」の歌詞 ゆず

2009/4/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どもの頃見ころみうみひかっていて
ずっととおくまでかすんでひろがっていた
だまったまま つよがった おさなかったあのころ日々ひび

まれそだったまちみどり鳥達とりたちこえ
いつもくらくなるまで 自転車じてんしゃこいでいた
ちいさな世界広せかいひろがった そうおもったあのぼく

未来みらいへと希望乗きぼうのせて 今創いまつくされる
あたらしいかぜかれながら

とおはなれていても じれば ほら いつもよみがえ
うみわた鳥達とりたち そしてぼくらまた明日あしたへと旅立たびだ
けどこころなかにいつのえることのない
うつくしいふるさとはある

いま まえひろがるうみひかっていて
いまわらずにぼくらをらしていた
かなった おもかさなった そうねがってまたふりかえ

時代じだいときえて かたがれてゆく
いくつものゆめつむぎながら

永遠とわつづ世界せかいの ほんの一瞬いっしゅんきながらまれた
こうしてぼくらまた たしかめうだろう いまわすれないよう

旅人たびびと明日あすつけ ぼくらは未来みらいってく
ときかぞえながら

きているっていうこと つながっているっていうこと
わすれないで

とおはなれていても じれば ほら いつもよみがえ
うみわた鳥達とりたち そしてぼくらまた明日あしたへと旅立たびだ
けどこころなかにいつのえることのない
うつくしいふるさとはある
えることのない
ぼくらのふるさとはある

さあ 夢描ゆめえがこう ぼくらの未来みらい
さあ 旅立たびだとう かがや未来みらい
さあ みらいへ