「ウソっぱち」の歌詞 ゆず

2007/10/3 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
文字サイズ
よみがな
hidden
もうあれからどのくらい あるつづけてただろう
ときはいつでも一瞬いっしゅんまえとおぎてゆく
いつものようきみうたたしかめるよういている
めどなくまわつづけて 僕等ぼくらはしってゆくだろう

そのさきこう 一緒いっしょかないか?

なにもない場所ばしょえらんだ つきすすんでたどり
いくつのよるこうに かなら朝日あさひのぼよう
えてゆけるさ

なみだかず反比例はんぴれいに ウソをつくことえてゆく
言葉ことば意味いみくしながら ウソっぱちをつくした
つかみかけたひらから いつのにやらえちまった
けれどかけがえのないものはけっして手放てばなしたりはしない

とどかない もどれない たびつづいてく

はじまるときはじめの合図あいずなんて必要ひつようないさ
きみまえあるした それがすべてのはじまり

なにもない場所ばしょえらんだ つきすすんでたどり
いくつのよるこうに かなら朝日あさひのぼよう
えてゆけるさ