1. サヨナラバス歌詞

「サヨナラバス」の歌詞 ゆず

1999/3/17 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
予定時刻よていじこくは6
あとわずかで
ぼくらは別々べつべつみち
きみぼくすこうし
なみだぐんで
したある
やるせない
おもいだけで
いしコロ蹴飛けとばしてみても
いつからなんだろう
たがいに素直すなお
なれぬまま
大切たいせつおもうほど
大事だいじこと
えなくなって
サヨナラバスは
もうすぐ
きみむかえに
ぼくこと
出来できない明日あす
きみって
サヨナラバスよ
どうか
ないでくれないか
やっぱりきみ
きなんだ
いまならまだ
ほんのすこしの
言葉ことばないまま
バスにんで
うし姿すがた
そっとつめてた
りをってるきみ
いた
最後さいご笑顔えがお
どうしてなんだろう
気付きづくのがおそすぎて
たのしかった時間じかんだけ
おもなか
うつされる
サヨナラバスは
きみせて
しずかにはし
きみ
すこしづつ
とおくへってしまう
ちつくす街並まちな
一人ひとりぼっちには
れてるのに
どうしてなみだ
まらないんだろう...
サヨナラ サヨナラ
またわらってはなせる
そのまで
ぼくぼくらしくいるから