「センチメンタル」の歌詞 ゆず

1999/8/18 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
せる なみおと
あわててくつ
はししたぼく自由じゆう
かぜかれて微笑ほほえんだ
夕焼ゆうやけのそらひと
はぐれたくもつけて
きみ何処どこにもかないよう
つよくそのつかまえた
なにもかもが憂鬱ゆううつ
おもえてただって
すこしも無駄むだじゃなかった
こうして きみ
出会であえたから
はぐれた こころ破片かけら
ひろあつめて
このむね真実しんじつはな
かせよう
そっとなみだ
ながれてしまうとき
きっと いろづく
しんじながら
そしてぼくらの
センチメンタルな
なつぎてく……

いつかはなしてくれた
ゆめつづきをぼくおしえて
ちょっとれたきみ横顔よこがお
いまもまだのこっているから
子供こどもみたい
かしたよる
無邪気むじゃきわらってたあさ
うご気持きもちのすべてを
めてきみおもってる
ぼくたがいに かがみよう
うつしあって
たしかめるよう
かさねあうよう
二人ふたりこたつけていこう
ふりかえ
ならんだ足跡あしあと
いつまでもこうして
きみあるいていたいから
もしも 暗闇くらやみ
つつまれてしまうとき
情熱じょうねつひかり
みちしるべにして
出会であいとわかれを
かえしながら
きずつけきずつきあった日々ひび
うしなったものにしたもの
戸惑とまどいながら…
はぐれた こころ破片かけら
ひろあつめて
このむね真実しんじつはな
かせよう
そっと なみだ
ながれてしまうとき
きっといろづく
しんじながら
すないたおも
さざなみながされて
もうすぐぼくらの
センチメンタルな
なつぎていく……