1. 仮面ライター歌詞

「仮面ライター」の歌詞 ゆず

2000/11/1 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ふるびた町角まちかどちいさないまにもこわれそうな骨董品屋こっとうひんや
丈夫じょうぶそうだが気味きみわるわらがお仮面かめんいました

こころなかまでおおかくせると店主てんしゅ老人ろうじん言葉ことばをはずませる
自分じぶんむねうちさらすのがこわいから誤魔化ごまかせそうなその仮面かめんいました

もう大丈夫だいじょうぶ なに心配しんぱいない
これでもう明日あしたから 安心あんしんして
きてゆける...

安心あんしんしてきてけるはずだったのに こころなか出来できむなしさが
日々ひび生活せいかつなかでポッカリと おおきなあなつくっていった

うんざりして仮面かめんろうとしたけれど
しっかりとんで
はなしはしない...

ねがぼく仮面かめんって
ねがぼく仮面かめんきちぎって

町中まちじゅう人々ひとびと様々さまざまことをしてみたが誰一人剥だれひとりはがすこと出来できなかった
あれからどれぐらいたったのだろう姿形すがたかたち大人おとなになったけれど

本当ほんとうかおがどんなだったかわすれてしまった
いったいぼくだれなんだろう?
きみだれ?

ねがぼく仮面かめんって
ねがぼく仮面かめんきちぎって
ねがぼく仮面かめんって
ねがぼく仮面かめんきちぎって