1. 午前九時の独り言歌詞

「午前九時の独り言」の歌詞 ゆず

2000/11/1 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
だれだって自分じぶんみとめてしくて だれだって自分じぶんかってしいけれど
まずは自分自身じぶんじしんみとめてやりかってやることさ

うそはつかないほうが自分じぶんいつわらないほうが
わかってはいるけれど そんな日々ひびかさねたりもしている

あせかいてベソかいてわらってこう
みじめにくよくよきたりするもんか

どこかのおや自分じぶん子供こども傷付きずつける どこかの子供こども自分じぶんおや傷付きずつける
どこかで少女しょうじょ自由じゆううばわれてる どこかで少年しょうねんこころゆがみはじめてる

政治家せいじかのおじいちゃん おおきなちからにした権力者諸君けんりょくしゃしょくん
自分じぶん地位ちい名誉めいよかねのためではなく どうかこのくにかんがえてください

あの戦争せんそうわり50年ごじゅうねん いまやあたりまえよう平和へいわくにだとおもっている
なぜあの戦争せんそうきてなぜあれだけのひとんだのか 先生せんせいその根本こんぽんをもっとふかおしえてください

ラジカセのなかから 平和へいわとは想像そうぞうすることもとめることからはじまると
そして「あいこそはすべて」とうたうあなたのこえなみだあふれた

かなしき時代じだいなげきのうた
かなしき世代せだい希望きぼううた

かあさん あなたにもっとあいしてほしかった かあさん あなたにもっとれてほしかった
わたし自分じぶんあいするひとははようあいもとめてしまいます

だれだって自分じぶんみとめてしくて だれだって自分じぶんかってしいけれど
まずは自分自身じぶんじしんみとめてやりかってやることさ

あせかいてベソかいてわらってこう
みじめにくよくよきたりするもんか
かなしき時代じだいなげきのうた
かなしき世代せだい希望きぼううた
ただのぼくひとごと
ただのぼくひとごとなんだよ