1. 君は東京歌詞

「君は東京」の歌詞 ゆず

2007/10/3 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
高校出こうこうでだれよりもさき一人暮ひとりぐらしをはじめて
吉祥寺徒歩五分きちじょうじとほごふんのワンルームにきみんでいたね
はじめてった一人暮ひとりぐらしのおんないえきみいえ
バニラのにおいのするおこうきみいていたね

だからかどうからないが そのかおりをたび
いまでもきみことぼくおもすよ

きみ東京とうきょう かわいたまち
ひるよるまわり しゃれた仲間なかまとはしゃいでいた
きみぼくおもえばあこがれだったんだ
無責任むせきにん自由じゆう気取きどってたきみ東京とうきょうひとだった

かみはいつもカットモデルですませていて
バイトは青山あおやまのカフェでウェイトレスをやっていた
彼氏かれしみっ年上としうえなんとかっていうDJディージェー
名前なまえのあるひとだとかでぼく自慢じまんしていたね

しばられるものもなくて とらわれることもなくて
勝手かってきみうらやましかった

きみ東京とうきょう 時代じだいまと
てもめても流行はやりのリズムのなかおどっていた
きみとき無邪気むじゃき残酷ざんこく天使てんし
人前ひとまえくのがきらいなきみ東京とうきょうひとだった

ひさしぶりにきみかけたのは新宿しんじゅくのアルタまえ
随分ずいぶんほそってたきみぼくおどろいた
あとからいたはなしではわけからないクスリにはまって
病院びょういんったりたりしてるんだってね

きみ元気げんきますか きみうたうたってます
きみぼく青春せいしゅんだった

きみ東京とうきょう かわいたまち
ひるよるまわり しゃれた仲間なかまとはしゃいでいた
きみぼくおもえばあこがれだったんだ
無責任むせきにん自由じゆう気取きどってたきみ東京とうきょうひとだった
きみ東京とうきょうひとだった