「夕立ち」の歌詞 ゆず

2007/10/3 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
文字サイズ
よみがな
hidden
夕立ゆうだちのほかなに理由りゆうにしろとうのか
なにいたげなかおをして ごまかしてはわすれてく
かた程確ほどたしかな そんな時代じだいでもなかった
ただふさいでばかりでも ふか闇夜やみよにさよならはえない

想像そうぞうしてもらず 前進ぜんしんしてもいつけもせず
なにかがきみしてゆく だれかがきみわらばした
ひとゴミのなかすりけてゆく 通行人つうこうにんのふりをしながら
だれかがだれかを傷付きずつけてゆく 通行人つうこうにんのふりをしながら

きりがない途切とぎれたはなし 季節きせつはずれのあめなか
無意識むいしきかえしてゆく ときはずっとくらがりをおよいでいる

たったちっぽけな自分じぶんため おおきいほうのカバンをえら
ぼくなにてられるのだろう?なにからぼくてられるだろう?
中学生ちゅうがくせいころおぼえた ひと本気ほんきにくむということ
それなりにとしかさねてたが いまだにこころなか根付ねづ

ひとゴミのなかすりけてゆく 通行人つうこうにんのふりをしながら
だれかがだれかを傷付きずつけてゆく 通行人つうこうにんのふりをしながら

夕立ゆうだちのほかなに理由りゆうにしろとうのか
なにいたげなかおをして ごまかしてはわすれてく