「女神」の歌詞 ゆず

2006/1/18 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
おおきなおなかをかかえながら 元町口もとまちぐちきみわらってた
ぼくわけもわからずなみだそうで ただきみていた
出逢であってからずいぶんって ちょっとまえなら夜中よなかきながら
電話でんわかけてるようなだったのに

プライドもきも ゆめなんてわけ
きみには何一なにひと通用つうようしないや…

まるで女神めがみ きみまえじゃぼくかかえてきたいたみなんて
ちっぽけで すべてをめていま きみ命慈いのちいつくしんでる

おおきなおなかをでながら その眼差まなざしはっすぐに
あのころきみはもういなかった

刹那せつなこいむねいたんだ 青春せいしゅんひかりかげ
一瞬いっしゅんきみえてった…

ちいさないのち ぼくてのひらった あたたかなぬくもりに
なみだこぼれて 身籠みごもったあいいま きみつよきしめてた

何千年なんぜんねんもの歴史れきしなかときにはあらそいのなか
いつの時代じだいもこんなふういのちのリレーがつながれてたんだ

まるで女神めがみ きみまえじゃぼくかかえてきたいたみなんて
ちっぽけで すべてをめていま きみ命慈いのちいつくしんでる
きみ命抱いのちだきしめてる…