1. 始発列車歌詞

「始発列車」の歌詞 ゆず

1999/1/20 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたり始発しはつ列車れっしゃっていたがた歩道橋ほどうきょううえ
ながしたまちをもうすぐわるよる
きみとこうして一緒いっしょていた

あのとき大人おとなになることすここわいとったきみ
ぼくまえ大人おとなぶってわらってせてくれた
季節きせつわりはいつもまってきみことおも

がつくと発車はっしゃのベルがぼくらせて
とびらこう きみおもにさよなら

あれからまたすこしだけ時間じかんだけがぼくまえとおぎてゆく
えなかった言葉ことば きゅうむねめつける
いまさらどうにもならないのに

つよにぎかえしたきみはあのときなにってたの?
ぼくなかのこってるのはいたすぎるぬくもりだけ

こんなことまたおもすなんておかしなはなしだけど
今夜こんや最後さいごにしようとちかったよるもあったのに
なんだろう?あたまなかきみでいっぱいになるんだよ

うごしたひと駅前えきまえ交差点こうさてんなか
わすれかけてたきみおもにさよなら