「季節はずれ」の歌詞 ゆず

2002/3/6 リリース
作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治,寺岡呼人
文字サイズ
よみがな
hidden
むねなかにしまいこんだ八月はちがつかぜおとがした
りすぎることこわくてうつむいては溜息ためいき
どこへけばえるんだろう そんな場所ばしょさえつくれずに
まちしずかなをともして またひとかなしみを
地下ちかつづ階段かいだんなにってる
ちかすぎたはる調しらけず わからずに
すこしだけふるえてるちが明日声あすこえにならず
だれためでもなくて それぞれがまたあるいてく
めぐいとか出会であいとかそんな大層たいそうもんじゃない
むずかしいことなんて何一なにひとつありはしないさ
ちょっとあきかぜふゆ窓叩まどたたいただけ
すべてのはじまりととも今一いまひとわりをげる
すがりつくよういたふたならんだはな
つまりは単純たんじゅんこと すこしだけこわいけど
とおはなれないよう僕等ぼくらどっかでつながってて
西にし空今日そらきょうれてく またここでえるかな...
すこしだけふるえてるちが明日声あすこえにならず
だれためでもなくて それぞれがまたあるいてく