「彼方」の歌詞 ゆず

2011/2/16 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
きっと きっとっていかけた ずっと ずっとってしんじてた
たしかにえないねがいが今日きょうも このむねおくでこだましつづける
旅立たびだちのときはいつも こんなふうにつよかぜ
そうとするあゆみをめて かえまちなつかしくえた

ふいにそっと こえるよ それはまっておなこえ
無意味むいみことなど何一なにひとつない すべてはきみへとつながっていく」
とおざかる程近ほどちかづいて ちかづくほどとおくなって
かたちにとらわれてばかりいたら えてるものまでえなくなる

かんじるよそのぬくもり かんじたよそのこえ
じればすぐそばに

こころ おもいはあふれてゆく
たしかめたい いつも微笑ほほえみを
はないま 自由じゆうかぜかれてゆく
ときえて きみもと

もっと もっとってさがしては やっと やっとってつけても
かすかにれるまぼろしのように このなかつかめないままで
大切たいせつなものはいつも こんなちかくにあったんだと
そうとするあゆみをすす気付きづきもせずにとおぎた過去かこ

あの日君ひきみがくれたはないまでもここにいているよ
春夏秋冬季節はるなつあきふゆきせつえて いくつものかなしみもえてきた
ひかりもとかげはあり かげなかひかりって
ひとつにとらわれてばかりいたら 本当ほんとこえこえなくなる

つたわるよその呼吸こきゅうつたえるよこのこえ
どこにいても すぐそばに

とおおもいはがれてゆく
かさなりむね高鳴たかなりを
ひびかせるいま 希望きぼうせてとどくように
明日あすえがきみとも

こころ おもいはあふれてゆく
たしかめたい いつも微笑ほほえみを
はないま 自由じゆうかぜかれてゆく
ときえて きみもと