1. 翔歌詞

「翔」の歌詞 ゆず

2011/11/30 リリース
作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはいつもためされている ふさがるおおきなかべ
だけどどうかひとつだけしんじてしいんだ
それはぼくらにしかえられないかべだと

こころがぎゅっとけられて 不安ふあんぼくらをつぶそうとする
だからぼくはずっとここでさけつづけるんだ
どうかあなたにとどくといいな

かなしいこと多過おおすぎて 窒息ちっそくしそうになるのなら
おおきくいきんで てしないそらせばいい

たとえあなたがきずついても 一人ひとりいていても
どこにもかないよ ずっとそばに
いつの翼広つばさひろばたくそのとき
あなたとわらう それはぼくきる意味いみ

出会であいのかずだけわかれはあるさ それはのがれようのない事実じじつだけど
かぎりあるこの時間ときかぎりあるこのいのちともきてゆくとちかった

なみだすらててしまいそうになっても そっとそのけてごらん
ほらここにも あなたを必要ひつようとしている ひとがいるんだよ

そしてだれもがあいさがときにはまよいながら
どこまでもつづいてゆくみち途中とちゅう
何度なんどだってえられる
そのさきにある 明日あしたぼくすすむんだ

かぜかれて ころがりつづけて 辿たどくんだ
はじまりは突然とつぜんに まだ場所ばしょときれてゆく

言葉ことばではつたえきれない こころをつたおも
たしかにここにあるよ けっしてえない

たとえあなたがきずついても 一人ひとりいていても
どこにもかないよ ずっとそばに
いつの翼広つばさひろばたくそのとき
あなたとわらう それはぼくきる意味いみ
かけがえのないあなたと いつまでも