1. 二十九の春歌詞

「二十九の春」の歌詞 よなは徹

2007/12/19 リリース
作詞
上江洌清作
作曲
上江洌清作
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだまらない うみしず夕陽ゆうひ
笑顔えがおはウソつきで なみださえ上手うまくウソをつく

れてみみれて こころまでらされて
計算高けいさんだかくなるまえおも十九じゅうくはる

はきなれたくつをぬぎてて
れたまちくよ
まだまだやれるんだ 夢見ゆめみてもいいかな

まもれない約束やくそくばかり 見続みつづけられないゆめばかり
見返みかえりばかりもとめては ならったようにわら
損得勝負そんとくかちまけ勘定かんじょうれないよ感情かんじょう
今頃響いまごろひびくんだあのころ歌思うたおも十九じゅうくはる

はきなれたくつをぬぎてて
れたまちくよ
まだまだやれるんだ 夢見ゆめみてもいいかな
いままでより これからさ できるだけわらいたい
できるだけまえある
できるだけ出会であいたい
できるだけ できるだけ あいあつめたい
あいさがしたい
あいそばにいたい

Ohオー keepキープ onオン lovingラビング keepキープ onオン dreamingドリーミング keepキープ onオン smilingスマイリング