1. 雪花火歌詞

「雪花火」の歌詞 らっぷびと

2009/3/11 リリース
作詞
らっぷびと
作曲
らっぷびと,shogo
文字サイズ
よみがな
hidden
ふわりいた雪花火ゆきはなび 夜空よぞらっては綺麗きれいちていく
ふわりいた雪花火ゆきはなび そっと二人寄ふたりよようにそれはかぎりないひとつの希望きぼう

言葉ことばすららないのか ただいきいましろ
わるまでの永遠えいえん てもなく彷徨さまよったたびでもはなそうか
まるでなくえない言葉ことば はなさないでどうか
えたいまあれだけながかった時間じかんすらしくかんじてしまう今日きょう
あのおさなかった二人ふたりとも まるでウサギのよう
ただ理由りゆうはきっとこう、「おたがなにもかもらなすぎた」
だから今歩いまあゆみだすきみもと
もういつだってぼくはそっちにいにいけるよ
アスファルトもえない 新雪しんせつうえ一緒いっしょ二人歩ふたりあるこうよ
さくらしたうたになる鼓動こどう

ふわりいた雪花火ゆきはなび 夜空よぞらっては綺麗きれいちていく
ふわりいた雪花火ゆきはなび そっと二人寄ふたりよようにそれはかぎりないひとつの希望きぼう

わっていく凹凸一おうとつひとひと衝突しょうとつ懺悔ざんげ いつのにか応答途絶おうとうとだえる
ただ、ただ、二人純粋ふたりじゅんすいだっただけ てんてんむすびたくて
ながれてぎていく幾年月いくとしつき まだるような椅子いす筆跡ひっせき
なが積雪せきせつ季節何週きせつなんしゅうまわるよ 精一杯せいいっぱいだった暗中模索あんちゅうもさく

ふわりいた雪花火ゆきはなび 夜空よぞらっては綺麗きれいちていく
ふわりいた雪花火ゆきはなび そっと二人寄ふたりよようにそれはかぎりないひとつの希望きぼう

ふわりいた雪花火ゆきはなび 夜空よぞらちてはかながる
ふわりいた雪花火ゆきはなび きっと二人違ふたりちがったストーリー それでもかぎりないひとつの希望きぼう