「アブラカタブラ!」の歌詞 らむだーじゃん,天月

2013/2/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
校庭こうていすみっこで うずくまるきみ
こえもかけられなくて(そばにいた)
なみだながして くやしがるきみかたをそっと いた

ずっと一緒いっしょあるいて
さみしいうし姿すがたなど(たくない)
ゆめかたり ぶつかり
いつでも ビバ! 二人ふたり1ひとつだぜ

ともよ! なみだでココロふる
大声上おおごえあげて さけんで アブラカタブラ!
さぁ はしして にじ彼方かなた

絶望ぜつぼう むねさり 人生みちまよって
きずつきながら あきらめかけた
ともゆめしんじながら
二人ふたりみだすんだ

かえみち 突然とつぜん チャラケタかお
いつか きみ自転車じてんしゃで(たびよう)
つきまでくんだ そっと つぶやいた
笑顔えがおがずっとえない

いつのにか わすれていた
二人ふたりだけの言葉ことば(アブラカタブラ!)
ながかげかさなるたび
二人ふたりがほら ひとつになって

ともよ! ふたたはしはじめてた

せんえがいた 人生みちつながる未来さき
もうまらないで 見慣みなれたまちには
サヨナラをげて いま まえだけいて
うつむかないで きずついてでも
れたい つきのカケラ
二人ふたりらす夕陽ゆうひ

わすれないで 言葉ことば ぼくはしってく(ホームのさきへ)
二人ふたりかげ にじんでる きみえなくても ずっと

とも姿すがた涙溢なみだあふ
大声上おおごえあげて さけんで アブラカタブラ!
もう はしした ゆめ彼方かなた

希望きぼう むねかかえて 人生みちすすんで
きずつきながら あきらめかけた
ともゆめしんじてたね
二人ふたり はなれてっても