「Lv99」の歌詞 れるりり

2012/12/28 リリース
作詞
れるりり
作曲
れるりり
文字サイズ
よみがな
hidden
かたよろいつつんで
右手みぎてには伝説でんせつけん
だれきずつけさせはしない
そうちかったはずだったとおむかし記憶きおく

おおきなとり背中せなかって
世界中せかいじゅうどこでもいける
出来できないことなんてない
おそれることなんてない

だけどなんちがうんだ
沢山たくさんひとゆめ
まもれたことほこりにおもうけれど
何度なんど何度なんどかえ
「ありがとう」はきたんだよ
もうやめてよ

こんな世界せかいぼくのぞんでたんじゃないよ
さけんでも涙流なみだながしてもだれにもとどかないんだ
こんなゆがんだ世界せかいならぼくこわしてやるよ
無限むげんつづくループのなかで もがいているのなら
ぼくがこのころしてあげるから

かたかたよろいのせいで
いたみはもうかんじない
絶望ぜつぼうというられて
ふかやみまってく

だれかのんだプログラムのなか
ずっとおどらされてた
あわれな道化師どうけし

こんな世界せかいぼくのぞんでいたのかな
さけかたなみだ意味いみも もうわすれちゃったけれど
すべては自分自身じぶんじしんのぞんだカタチだよ
無限むげんつづくループのなかで もがいてるだけなら
ぼくがこのころしてあげるから

この世界せかいわりを ずっとのぞんでいたよ
ふかからださったつめたいやいばのぬくもり
うすれてゆく意識いしきなか にした景色けしき
とおむかし記憶きおくなか自分じぶん
希望きぼうというひかりちていた