1. 夏の終りに歌詞

「夏の終りに」の歌詞 アリス

1976/7/5 リリース
作詞
矢沢透
作曲
矢沢透
文字サイズ
よみがな
hidden
よわくなったなつかたむころ
わずかばかりの荷物にもつにとって
きみみたいといつもってた
みどりおおいこのまち
ときともにしておもをつみ
かさねたくらしをきみのこして

くさうえころびそらてると
この出来事できごとがとてもちいさくえる
こんなにもふかかなしみでさえ
やがてはときなかしずながれる
どれほどにふかかなしみがあれば
ときながれをめるというのだろう

真新まあたららしいペンキのにおいがしてる
荷物にもつのほかはなにもないこの部屋へや
きみといたころおなじように
あわただしい日々ひびはじまるのでしょう
黄昏たそがれひろがりすずしくかぜ
ぬけるあき吐息といきはもうすぐそこまで