「音の響き」の歌詞 アリス

1976/7/5 リリース
作詞
矢沢透
作曲
堀内孝雄
文字サイズ
よみがな
hidden
しろくもがわきあがる
いたいほどの青空あおぞら
すべてのものがひる
いきをひそめきらめいている
子供こどもたちのあそこえ
とおそらにこだまする

さかしたつづいてる
しろひかるジャリのみち
わらいながらかたならべある
ゆめみ ひとみかがやかせていた
かよいなれたむかしより
せまえる通学路つうがくろ

ながやすみにはいって
だれもいない校舎こうしゃ
二度にどたびをすることのない
いたひと背中せなかのように
なにもいわずだまって
やせたからだささえてる

いつかそらはあかねいろ
しろいカーテンがまる
はなればなれになったとも
どこでなやきずついているの
きみはいまもゆめつづけていて
くれるかしら