「モラルの葬式」の歌詞 アンジェラ・アキ

2007/9/19 リリース
作詞
アンジェラ・アキ
作曲
アンジェラ・アキ
文字サイズ
よみがな
hidden
フクロウのごえは「」の警報けいほう
やみ傷口きずぐちひらいて満月まんげつ
信者しんじゃから不信心者ふしんじんしゃ 神父達しんぷたちまで
喪服もふくかぜこえみみをすました

今宵こよいはモラルの葬式そうしき
Paterパター Nosterノスター

ながぼしそらなみだ 樹々きぎ嗚咽おえつもりひび
みずうみ悲哀ひあい水面みなもわたかぜつた
そのかぜみな葬儀場そうぎばんだ

今宵こよいはモラルの葬式そうしき

まえほうあいすわり そのとなりには
哲学てつがくがタバコをくわえおもいにふける
プライドと献身けんしんはその真後まうしろで
やけに深刻しんこくかおをしてはなんでいる

だれもが動揺どうようかくせない
Paterパター Nosterノスター

知恵ちえかれたまだおさな無垢むく
ひつぎなかしろいバラをむと
理性りせいせきって くろいベールをまくり
しき最後さいごみなまえでゆっくりとかたはじめた

息子むすことの突然とつぜんわかれにわたしいま こころみだしている
りんとしたかれこえ まっすぐなまなざしを
いつまでもわすれない

いまでもきっと灯台とうだいよう私達わたしたちらしている
まよったとき はぐれたとき みちえないとき
ぜんあく節目ふしめにそっと あなたのこころかれつづける」

Paterパター Nosterノスター

同情どうじょうはげしくうなずき 拍手はくしゅ
真実しんじつ理性りせい耳元みみもとった

わたし息子むすこがいたの
希望きぼうがいなくなってもかれいまでも
みななかきている」

フクロウがんでったころ
あさもやをかきわけながら太陽たいよう