「イーゼル」の歌詞 アンダーグラフ

2006/7/19 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとはどうして かなしかったり さびしかったりするのだろう
かたちものしくて かたちにしてのこしたがるだろう

だれかの言葉ことばになるけど 背筋伸せすじのばせたらそれでいいかな
わらおこよろこんで やさしさをおぼえていけばいい

きみえがいてく 光溢ひかりあふれる未来みらい となりぼくわらっていられたらいいな
不安ふあんはずっとあるだろう なみだながれるだろう
でもねすべぼくらの内側うちがわこることだよ
ながれた今日きょうにサヨナラげて かぎりある未来みらいつめよう

すすんでくこと かえること かえしてる毎日まいにちでは
目指めざしてる場所ばしょ なりたい自分じぶん 見失みうしなったりしてしまうから

たまにまり ふかいきをして まぶたをとじて自分じぶんさがせば
素直すなおになれない理由りゆうがみつかる すすむべきみちえるだろう

大切たいせつおもうほど上手うまくはいかないけど 足元あしもところがるちいさなしあわせに
がつけばいいんだよ おそれることもなく
ぼくらはまえあるくようにできてるんだ
歩幅ほはばをちょっとひろげてそうさ 夢描ゆめえが自分じぶんしんじよう

きみえがいてく 光溢ひかりあふれる未来みらい いつものようぼくらがわらっていられますように
不安ふあんはずっとあるけど なみだながれるけど
それがすべ明日あしたみちびつづけるんだ
ながれた今日きょうにサヨナラげて かぎりある未来みらいつめよう
かぎりなく自分じぶんしんじよう