「ツバサ」の歌詞 アンダーグラフ

2004/9/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
方過がたすぎの国道こくどうまでのほそみち きみつぶや
こわいものなどなにいよ」と見送みおくため言葉ことば涙流なみだながれた
つまらぬことはなしえず らかる部屋へやわらいあえてた
夢追ゆめおことおそれはくて まれたまちとサヨナラめた

「いつかいにる」と「いつもわすれない」と
きみえずにココロのなかちか

旅立たびだそら出会であいとわか青春せいしゅん日々ひび すべてをえが
いつかたがいにおおきなはな綺麗きれいはなかせまたともわらおう

あのむねに あてつづみちねむれぬよるつらなる

かないかけたゆめつむぎだした文字もじ
狭間はざまれるのは 気紛きまぐ日替ひがわり 時計とけいはり

ながれるくも明日あすちかえど いてかれてる不安ふあんはよぎる
その度君たびきみきみ言葉ことばおもかえして 涙集なみだあつ声枯こえからす

いましんじているよ いつもわすれないよ
きみかえらぬはかなあお日々ひび

旅立たびたそら出会であいとわか青春せいしゅん日々ひび すべてをえが
いつかたがいにおおきなはな綺麗きれいはなかすとめた
わらぬそらきみうつして 上手うまべたら たかべたら
ツバサひろげて 秋風越あきかぜこえて ゆめにして えたならともわらおう