1. ユメノセカイ歌詞

「ユメノセカイ」の歌詞 アンダーグラフ

2006/3/22 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
まれた時間ときなかこころかわくのかな
めぐまれてるとわれてる時代じだいなかぼくらは

けわしくもたのしめば まるでアスレチックのような
みちあるこいもするのです

大人おとなぶること不安ふあんをかきねむ今夜こんや
ふいにみせたきみ笑顔思えがおおもあさ

びしょれになるまでは あめにしないでいいのかな
すべていて 自分信じぶんしんじて ここまでたんだろう

サヨナラからにしたゆめ世界せかい
つかまえてまたいかけた 色褪いろあせぬまんま
きらめく未来みらいがほら 両手りょうてひろげているなら
こわがらないで むだけ

ありのままにぼくぼくでいられるとき何時いつだろう
ありのままにきみきみでいられるひとだれだろう

雨上あめあがり そらなにわってはいない 夕暮ゆうぐれが
とおかすんでえる瞬間しゅんかんてしまうそのまえ

何時いつからかかたざされた未来みらい
この中握なかにぎりしめた かぎちらつかして
だれもが予想よそうなどしていない ぼくらの存在そんざい証明しょうめい
かぎりある明日あすきざんでいこう

サヨナラからにしたゆめ世界せかい
つかまえてまたいかけた 色褪いろあせぬまんま
きらめく未来みらいがほら 両手りょうてひろげているから
こわがらないで むんだ
タメイキなんて 深呼吸しんこきゅうえてしまえばいいさ