「君の住む街へ」の歌詞 アンダーグラフ

2008/1/9 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
かんがぎるきみはいつも 簡単かんたん言葉ことばくちにしない
やさぎて気疲きづかれして きずついてるのにおさえてしまう

なおせるものならば 一度治いちどなおしてみたいと電話越でんわご
ふるえているこえぼくは「そのままでいい そのままがいい、、、」

つたえたいけれどえない 者同士ものどうし二人ふたり
れたものたもの それだけをしんじれることが
わかってるからいますぐ

自転車じてんしゃって 電車でんしゃって きみまちいそぎました
改札抜かいさつぬけて りました 何気なにげない景色けしきさえドラマみたいでした

道端みちばたはな名前なまえらないぼくにぎきみ
いているの わらってるの うつむいたままで歩幅ほはばあわせた

もとめるものはなにもない たもの同士どうし二人ふたり
いずれるサヨナラの季節きせつ それだけはしんじたくないと
おもってるけど

それぞれのみちたがいのみちはるころすすみました
わらないでね」 ちいさなこえいまでもむねなかのこつづけてるよ

おもすことは容易たやすくて わすれることはむずかしくて
れたものたもの それだけをしんじれることが
わかっていたはず あのころ

自転車じてんしゃって 電車でんしゃって きみまちいそぎました
改札抜かいさつぬけて りました かがやいていた日々ひびむね
それぞれのみちたがいのみちはるころすすみました
わらないでね」 ちいさなこえいまでもぼくなかのこつづけてるよ