1. 君の声歌詞

「君の声」の歌詞 アンダーグラフ

2005/4/20 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
さむいのがきらいなの」ときみってた
はやく この季節きせつなんてわればいいのに…」
そうぼくおもきみなやますモノなんて このからえればいい

人混ひとごみが苦手にがてなの」ときみってた
「なんだか上手うまいきができないの」と
じゃあなに出来できる? 僕何ぼくなに出来できる? そればかりかんがえてました

あのころ かなわぬおもいなど ようおもえたんです
いちじるしく日々ひびながして まってはくれないが

わらっていて 二人描ふたりえがいた未来みらいえてますか?
とどくとしんじてあるけていますか?
大人おとなになってハルをさがして ながれるなみだなかこえてくるのは
「あなたはいつでもそのままでいいの」

週末しゅうまつむってTVテレビってた
なんだかきみことおもすなぁ
今何いまなにをしてる? 君何きみなにをしてる? かみさわくせはやめたかい?

ドラマでゆきなどは このまちもらないが
ひらしたつぼみがあふれていて つないだ今日きょういろをつけるから

ないでいた 世界せかい僕等ぼくら あいをつくりだすんだ
うたがえどしんかえ日々ひび
つかんでいて あとやんだ よわさがからだなかでカタチをつける
ぼくらは あのころそのままでいいとおもってた

わらっていて 二人描ふたりえがいた未来みらいえてますか?
とどくとしんじてあるけていますか?
大人おとなになってハルをさがして ながれるなみださえもおそれることはないのに

わらっていて つないでいた すべてがちからになって
こたえをさがしてあるいていくのです
かんでいて らしてした 言葉ことばがいつかきみそそいでくれたら
ぼくらはいつでも そのままでいいとおもうだろう