「四季」の歌詞 アンダーグラフ

2004/9/22 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
あたらたな知識ちしきれるたびいままでの自分じぶんくずしながらあるぼくらは
いつも自分じぶんこと 綺麗きれいえるように だれかを否定ひていする事覚ことおぼえてまわってた

約束やくそくたしてないけど いや自分じぶんれてすすむとめた
プラスチックのこころでまた かんじてみよう

春夏秋冬はるなつあきふゆ 僕達ぼくたちあいあいされとしかさねてく
青赤白黒あおあかしろくろ いろとりどりの日々ひびつくゆめえが
あるいていけるさ まだこうがわへと

あまえることなど出来できないくらいに きそいせめぎきている毎日まいにちでは
本当ほんとう自分じぶんやさしい自分じぶん見失みうしないそうでこわいけれど仕方しかたないかな

ねむまえきみことかんがえてすこしラクになるよ
クタクタになったからだでまた いたいおもつのってくけど

十人十色じゅうにんといろのこの世界せかい 様々さまざまおもいがうけれども
どれがただしいかわからないから 自分じぶんえらびそれをすす
間違まちがいはないさ それが明日あすへとつながる

春夏秋冬はるなつあきふゆ 僕達ぼくたちあいあいされとしかさねてく
青赤白黒あおあかしろくろ いろとりどりの日々ひびつくゆめえが
不安ふあんさえ
恋愛夢未来こいあいゆめみらい つかみにくいものばかりもとめて きずつけたりするけど
いたりれたりしながら 理想りそう自分じぶんしんじていましんじて
あるいていけばいい まだこうがわへと