「地球船」の歌詞 アンダーグラフ

2009/5/27 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
なんためまれたんだろう ふたつの ふたつの ひとつしかないいのち
ひとだれえらえらばれ このほし呼吸こきゅうする時間与じかんあたえられた

あいこときなのに どうしてひとひときずつけるのかな

あめるようにければいいのに
太陽たいようのようにわらいあえればいいのに
ゆめつことおぼえたぼくらは
あおひかふねひろがる未来みらいたびつづける

歩道ほどうある老夫婦ろうふうふに 「邪魔じゃまだよ!」とクラクションらすくるまれつ
仕事しごとさえもする気失きなくして 公園こうえんでコンビニのパンをかじりねむ

まれたこの場所ばしょきだけど いつまでぼく自分じぶん場所ばしょさがすのかな

たのしいことばかりじゃないことぐらい
おさなころからみているけど
かんがえる事覚ことおぼえたぼくらは
みゃくあたまなか ひろがる宇宙うちゅうゆめ

あめるようにければいいのに
太陽たいようのようにわらいあえればいいのに
ゆめつことおぼえたぼくらは
あおひかふねひろがる未来みらい

そしてもう一度君いちどきみえる
きみ笑顔えがおぼくつつ
おとずれることしんじているから
みゃくつこのほし未来みらいかってたびつづける