「春前の灯火」の歌詞 アンダーグラフ

2008/1/9 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
色褪いろあせた教科書眺きょうかしょながめて まらぬときかんじました
夕暮ゆうぐちてく窓際まどぎわ頬杖ほおづえついた日蘇ひよみがえ

ぼくらは何処どこへとかうのだろう あのころわりなき 不安ふあんだらけなんです
もう二度にど後悔こうかいなんてしたくはい このでこのあし出来できこと今導いまみちびくこと

あらたなるはるかなるみちうえ きていくことめたのです
しろもるカナシミさえも やがて春迎はるむかけていくだろう
みずとなり かわとなり うみとなり あめとなり ぼくらはいつかかがやくだろう

わること青春せいしゅん自分じぶんみちだとりました

かれたレールをこわしてきた 足場あしばみずかててきた
かえ事出来ことできない はしうえった このでこののどつくるものをただつたえるだけ

ひかりある孤独こどくなるみちうえ はしつづけるとめたのです
かぎられてる4人よにんいのちのみ かじられぬようにえるのみです
ぜんあくばし 息切いききらし 貴方あなたつねつたえるだろう

ぼくらは何処どこへとかうのだろう そんなこともうたいした問題もんだいでもない
もう一度羽いちどはばたいてべるときまで このでこのあし出来できこと今導いまみちびくこと

あらたなるはるかなるみちうえ きていくことめたのです
しろもるカナシミさえも やがて春迎はるむかけていくだろう
みずとなり かわとなり うみとなり あめとなり ぼくらも明日あすかがやくだろう