1. 春風満帆歌詞

「春風満帆」の歌詞 アンダーグラフ

2009/5/27 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
あたえられたいのちすこしのかぜつくせば
そのかぜがり しろくもうごかしていくんだ

ときにあめらせたり ときに太陽たいようものぞかせる
緑育みどりそだって やがてをつけて ぼくらにちてくる

ひとというものまれて さみしさ かなしみ 不安ふあんった
それでもね それ以上いじょうにまだ よろこびもるだろう やさしさも

おさなころえがいていた ゆめのカタチとはちがうけれど
まえにあるあらたなみち そんなにわるいもんじゃないみたい
えりただかぜかん現在いますこつよしんじたら
おそれなどない ぼくらがいる 世界せかいはそれをっているだろう
はるおとずれのように

午前4時ごぜんよじをまわるころ 暗闇くらやみすこしずつける
不意ふい孤独こどくも そろそろ夜明よあけをかんじはじめた

あおわたそら つめても ゆめ希望きぼうはない
あなたの両手りょうて あなたの両足りょうあしすべてをつくるから

だからこそ またきずつけど あなたはひとあいするだろう
一人ひとりでは きられないって もうづいているから ともにイコう

まぼろしのようにかびえる ぼくらにあたえられた時間じかん
百年ひゃくねん瞬間過しゅんかんすぎる そんなに退屈たいくつではないみたい
夕暮ゆうぐれもねよるえて 朝日あさひとなりまれわるだろう
なみだもほら しずくとなり れてたゆめをそっとかすんだ
だれ邪魔じゃまなどしないだろう

おさなころえがいていた ゆめのカタチとはちがうけれど
まえにあるあらたなみち そんなにわるいもんじゃないみたい

まぼろしのようにかびえる ぼくらにあたえられた時間じかん
百年ひゃくねん瞬間過しゅんかんすぎる そんなに退屈たいくつではないみたい
あなたあいぼくみと現在いますこつよしんじたら
おそれなどない ぼくらがいる 世界せかいはそれをっているだろう
はるおとずれのように