1. 流転歌詞

「流転」の歌詞 アンダーグラフ

2009/5/27 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
ユラユラれる鼓動こどうなかつけた宇宙うちゅう誕生たんじょうのような
神秘的しんぴてきなほど壮大そうだい未来みらい 大事だいじにしたくてねむれなかった

ほらごらん もうそこに あらたなとびら
ひらけた世界せかいえてるはずだよ
そうひかりむほうへ

きみ中溶なかとける 世界せかいのはじっこで
何処どこまでもつづあいしんじている
出会であえた奇跡きせきいのち宿やどとき
すべての時計とけいうごすのだろう

グルグルわる時代じだいなかのこした言葉ことばすえ何処どこだ?
分裂ぶんれつつづける細胞さいぼういま身体からだすべてをみなぎっているんだ

ひろ視野しやて」と だれかにわれ
ここまでたけど これ以上止いじょうやめとこう
そうせまくてもふかいほうへ

暗闇くらやみなかきしめてたのは
キラキラかがやく かすかな未来みらいだけ
テレビもラジオも メールも手紙てがみ
必要ひつようないくらい きみだけもとめた

きみ中溶なかとける 世界せかいのはじっこで
何処どこまでもつづあいしんじている
出会であえた奇跡きせきいのち宿やどとき
すべてのひかりこころすだろう
大切たいせつことが ちゃんとえるように
はだかいのちが ちゃんとえるように