「自然と君へ」の歌詞 アンダーグラフ

2009/4/15 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
公園こうえんのベンチにひさしぶりに すわってみた土曜日昼下どようびひるさがり
ちかくでこえる子供達こどもたちあそごえとそれをかき排気音はいきおん

「エジソンはこんな未来みらいえがいていたかなぁ」そんなことかんがえているうちに
ポトポトしたあめづいて すこししかない うるおいだすみどりてた

ぼくなにかをのこしているかな 明日あすぼくらになにかをつたえているかな
たされている場所ばしょまれそだったよ
ゆめえがいているのも たりまえじゃない わすれちゃいけない

きみわらうたび むねかるくなる
何時いつでも 何時いつまでも それくらいのしあわかん
うたつづけよう かなつづけてみよう
ちいさなおもいもきっとふくらむだろう
明日あしたよろこかんじるこころでいるように

いつか なみだれるのかな たくもない世界せかいがまたるかな
自分じぶんばっかりみとあいするひと
そろそろづいて 本当ほんとうしいものはなんなのか

きみわらうたび むねかるくなる
何時いつでも 何時いつまでも それくらいのぼくでいたいんだ

とめどなくながれる 時間じかんゆだ
むねなか わすれかけていた ゆるやかな言葉ことばつむ
うたつづけよう かなつづけてみよう
ひろげた未来みらい地図ちず陽射ひざしあてて
いつでも自然しぜんきみとなりにいるように