「記憶」の歌詞 アンダーグラフ

2009/5/27 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
どこまでつづあかれてる
テールランプをながめてたんだよ
だれもがさきいそぐのは
過去かこからげたいからなのかな

のこされた僕達ぼくたちは ただそら見上みあげていた
それでよかった

わすれないだろう あのきみ
これからも おとずれる けわしき日々ひびなか
つたえたくても つたれなかったおもいと
何処どこまでも あるいていくだろう

あめ家路いえじいそ
ひとごみのなか 君探きみさがしてた
なが時間とき記憶きおく
とおかすむ カケラさがしてた

こぼちて気付きづいたのは たりまえおもっていた
しあわせの日々ひび

じるたび むねあふれる
きみかお きみ明日あしたこばんでいた
でもかなきゃ かなえられなかったおもいと
もう一度いちど サヨナラ

のこされたぼくだけが、、、」 でもそらはいつもひろがる
きみている

わすれないだろう あのきみ
これからも おとずれる けわしき日々ひびなか
つたえたくても つたれなかったおもいと
何処どこまでも あるいていく

じるたび むねあふれる
きみかお きみ明日あしたゆるしていく
出会であえたこと ともごしてた記憶きおく
サヨナラをれるだろう