1. 遥かなる道歌詞

「遥かなる道」の歌詞 アンダーグラフ

2009/5/27 リリース
作詞
真戸原直人
作曲
真戸原直人
文字サイズ
よみがな
hidden
はるるのは 現在いまうごかすため
なつるのは 明日あすきてくため
あきるのは 過去かこわすれるため
ふゆるのは こころ やすめるため

しろもるサミシサも 時間ときかわけていくから
にぎめたてのひらもほら ひかり何時いつでもっている つぼみのままで

きみがこれ以上いじょう なみだかなしみにまらぬよう
とおはなれたそらした 何時いつまでもいのってるんだよ
いくつも季節越きせつこえながら はなくそのときまで
はるかなる旅路たびじなか

かぜくのは なみだ かわかすため
あめるのは こころ誤魔化ごまかため
過去かこるのは いまみとめるため
未来みらいるのは いましんじるため

じればかびつづける せま部屋へやってた
沈黙ちんもくなかおとずれた 最後さいご言葉ことばちていく 「サヨナラ、またね」

あの 夕暮ゆうぐれがらした 明日あしたへの予感よかんいま
今日きょうというわらせる 常夜灯じょうやとうえるんだよ
一人ひとりよるえるたび きみ顔浮かおうかんでえる
おそれるものなにもない日々ひびが・・・

過去かこるのは いまみとめるため
未来みらいるのは 自分じぶん しんじるため

きみがこれ以上いじょう なみだかなしみにまらぬよう
とおはなれたそらした 何時いつまでもいのってるんだよ
いくつも季節越きせつこえながら ひかりときまで
すべてが明日あすへとつながっていく

あの 言葉ことばもいらなくて つないでた二人ふたり
いまぼくつよくしてる いまだけをていた世界せかい
いつか辿たど場所ばしょでは 笑顔えがおあふれるように
はるかなる旅路たびじなか