「ボクは側にいるから」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2009/8/12 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
キミを (キミを) 必要ひつようとするひと絶対ぜったい
この世界せかい一人ひとりいる ボクはそばにいるから

ねがうことしか出来できずに 勇気ゆうきなくって
「ボクはよわい」と めつけてきることにれていない?

いたんだはね やすませるいずみ
いのならボクのむねまでおいでよ

キミを (キミを) 必要ひつようとするひと絶対ぜったい
この世界せかい一人ひとりいる ボクはそばにいるから
だから (だから) こわがる自分じぶんけないで
キミのわずかでも奇跡きせきせてあげたい
一緒いっしょえよう

まよつかれる日々ひび かならみちはある
ゴールへキミがまよわないようささえる

キミが (キミが) つまでボクはとなり
こぼ溜息ためいき吐息といきにまでれたい
たかく (たかく) がろう かざすよりも
遠回とおまわりしてたけどかがやときしんじて
キミを (キミを) 必要ひつようとするひと絶対ぜったい
この世界せかい一人ひとりいる ボクはそばにいるから
だから (だから) こわがる自分じぶんけないで
キミのわずかでも奇跡きせきせてあげたい
一緒いっしょえよう