「咲-saku-」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2012/8/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おもいをせておもいをかえほこ
とおくのキミへとれないねがいよとど

夏風なつかぜれたひまわりのようこころらいでなみだこぼれる
おなそらした どんなときでもつながっているとおもえていたのに

あま余韻よいんひびむねあつがした
れぬよう太陽たいようかい両手りょうてひろげてみせた

おもいをせておもいをかえほこ
ときのなかつたえてく ありがとうを
いつしかボクはおおきなはなになってみせる
とおくのキミへとれないねがいよとど

らさないようにめこみつづけた弱音よわねくるしくポロリとこぼれた
いたいえないわかってるのに何度なんどこたえないさきをなぞる

ざわめくまち片隅かたすみ キミがないかさが
ねがいは人並ひとなみのおとまれ現実げんじつへと

何処どこからか何処どこかへとみなある
自分じぶんらしさをもとまよいのなか
あらたなドアをたたいてそしてつよくなる
とおくのキミへとゆめみのれてますように

笑顔えがおでのサヨナラ 後悔こうかいはしていないなんてうそまっているだろう

何処どこからか何処どこかへとみなある
なにかしらのつぼみいて

おもいをせておもいをかえほこ
ときのなかつたえてく ありがとうを
いつしかボクはおおきなはなになってみせる
とおくのキミへとれないねがいよ とどとどいてとどいて