「夏の終わり」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2012/8/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最近忙さいきんいそがしいのかな?すれちがいがおお
ベッドでもべつことかんがえているね

笑顔えがおならんだ河川敷かせんしき しあわせがながれてる
くもったキミの横顔よこがおすこしでもれますように

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
ひかりのシャワーが二人ふたりらす
とどきそうなそのれたい すぐに
じれったい ah
心覗こころのぞきたい キミをかんじたい
あのそらなが何想なにおもってるの?
キレイとおもってる?
いまくらい ひとつがいい

あふれるおもがギュっと むねなみ
おとこえず とおぎていく

どうしてこんなきなのに 「さようなら」はかぶの?
すこしでもとおくをてたくて ちかくのしあわせにねむ

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
あのそらなが何想なにおもってるの?
キレイとおもってる?
いまくらい ひとつがいい

不意ふいたキミの言葉ことば きたくない みみふさ

見上みあげる夜空よぞらがる花火はなび
ひかりのシャワーが二人ふたりらす
とどきそうなそのとどかない 二度にど
もう二度にどと ah
花火はなびひかりかがやきのように
一瞬いっしゅんにこのおもいもえたら
どんなにらくだろう
いまくらい むねなかで…
いまくらい かせてしい