1. 月に叢雲、花に風歌詞

「月に叢雲、花に風」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2012/8/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
静寂せいじゃくそらした ひとみうつつき
なんであんなに綺麗きれいなの?とおくでているぼく

あいもぱっと可憐かれんだれしもがばす
でもればるほどに厄介やっかい獰猛どうもうなものさ

くもばしかがやきをうばっていく
しずんだまちいきはじめる

どうしていつだって意地悪好いじわるずきなキミは
大事だいじにしているモノだけるの?
そうやっていつだって意地悪好いじわるずきなキミは
余計よけい荷物にもつをワザといてかえ
そらうえ微笑わらう

静寂せいじゃくそらした ひとみうつつき
そっとくろいろかく姿すがたした

ギュっと必死ひっしらしずっとつづけていた
もう一度いちどだけたい いのる でもかなわない…

らしひかり 体温たいおんあたためていく
太陽たいよう まちあさはこんでいく

けないよるなどいことなんてわか
地球ここ永遠えいえんって言葉ことばはないの?
なんでもいつだって意地悪好いじわるずきなキミは
賞味期限しょうみきげんをつけては処分しょぶんして
そらうえ微笑わらう

永遠えいえん永遠えいえんとしてきれない それでも地球ここあいさけぼう

どうしていつだって意地悪好いじわるずきなキミは
大事だいじにしているモノだけるの?
今度こんど絶対ぜったい大事だいじなモノをまも
永遠えいえんって言葉ことば証明しょうめいしてみせよう
そらした微笑わらう