「自分説明書」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2012/8/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
使つかかたらぬまま まれてきたいのち
下手へたくそにあつかってきずついていく

人生じんせい我慢比がまんくらべと 意地張いじはっていつもけずに
やすむための息継いきつぎさえもわすれて はしつづける

ないあらそいでこらえたなみだ
いやせないものだとかおもってるなら
しんじていてごらん そこにはいつかにじがかかるから

ひとりやみふるえてる あいされるってなに
からなくて おぼえたくて まどながめて

うつされた自分じぶんつよてずに
この世界せかいにいる意味いみさえもわからず ひざっている

大丈夫だいじょうぶ すこしくらい遠回とおまわりでも
いままでのみちのりに無駄むだなんかなくて
ひとつでもけたらキミはキミでくなってしまうよ
いつかそう てしないひろ世界せかい
おぼれてるキミの運命うんめいにぎ
しんじてっていてキミのひとみにじはかかるから

不安ふあんにはキリがくてえてがんのように虫歯むしばんで
けっしてあいせるものじゃないけどキミをつよくする

大丈夫だいじょうぶ すこしくらい遠回とおまわりでも
いままでのみちのりに無駄むだなんかなくて
ひとつでもけたらキミはキミでくなってしまうよ
いつかそう てしないひろ世界せかい
おぼれてるキミの運命うんめいにぎ
しんじてっていてキミのひとみにじはかかるから
しんじてっていてボクがひとみにじをかけるから