「ZETSUBOU」の歌詞 アンティック-珈琲店-

2008/10/29 リリース
作詞
みく
作曲
アンティック-珈琲店-
文字サイズ
よみがな
hidden
「あのうた上手じょうずかおもかっこいいよ!」って比較ひかくされるのは嫌々いやいや
努力どりょくでなんとかなるの ジンクスはえれない 嗚呼ああ なんとも卑屈ひくつ

ボクは人一倍ひといちばい不器用ぶきようでドラマみたいに上手うまくいかない

どれくらいのときごしたんだろう? 毒舌どくぜつなナイフがボクをおどせま
すぐした挫折ざせつがけしかない がってける余裕よゆうはないさ ギリギリだった

素直すなおいたらようやくわかるくしたつよさが 嗚呼ああ 選択せんたくひとつね

かがみうつ姿すがた にらみつけても 結局逃けっきょくにげてしまうんだ

ひかってた未来みらい自画像達じがぞうたち粉々こなごなりつけられて にくさを
背負せおってるモノがボクにはおおぎて たすけてのシグナルもせなかった

んでも最後さいごのこるモノはこころきずだとおもった えたかった

みんなのかおると余計よけいつらくて 一緒いっしょにね、つくってきたね せないおも
マイクをにぎにはゆめまってて あきらめる勇気ゆうきもなくて てきれなかった
どれくらいのときごしたんだろう? 毒舌どくぜつなナイフがボクをおどせま
すぐした挫折ざせつがけしかない がってける余裕よゆうはないさ
絶望ぜつぼう 絶望ぜつぼう 絶望ぜつぼうだった