1. 夏色ドット歌詞

「夏色ドット」の歌詞 アンモフライト

2012/8/22 リリース
作詞
シライシ紗トリ
作曲
津久井垣仁・シライシ紗トリ
文字サイズ
よみがな
hidden
LOOP してるきみ粒子りゅうし

ゆるやかにカーブ はじめてのビーチ
大好だいすきなサウンド んで
ぼくらの季節きせつかお

おろしたてシャツ かぜもそよぐ
トンネルける 肩揺かたゆらす
景色けしきわっていく

無口むくちきみひとみ つめてかくした
本気ほんきになりそうなタイミング
すこしづつあふれだしてる ランキングは急上昇きゅうじょうしょう?
ねがっていたよ こんなホリデイ

なつのある日恋ひこいをした 微熱びねつほどよくドキドキしてる
すこ大人おとなになった 横顔よこがおときめく瞬間しゅんかん
かえった水玉みずたまの スカートのすそねた
自動的じどうてきにメモリーいっぱいのサマーデート
きになったよ Dot

ほほめる 夕暮ゆうぐれの
時折ときおりのチャンス うかがった
水玉みずたまのスカート いかけた

かざのない きみのキスは
やさしくなつにおいがした
ぼくらのなつはじまってる

夕立ゆうだかえみち ミラーしのせき
れてる水玉みずたまひかってた
また絶対ぜったいこようってった きみ笑顔えがお
出会であっていままでで1番いちばんだった

なつきみ大胆だいたん日射ひざしよりずっとまぶしくて
かなり素敵すてきなシチュエーション すべて支配しはいしたい瞬間しゅんかん
れるかみ 潮風しおかぜかれてた
なつ風物詩ふうぶつし もうすこしおねがきみとこのまま

なつのある日恋ひこいをした 微熱びねつほどよくドキドキしてる
すこ大人おとなになった 横顔よこがおときめく瞬間しゅんかん
かえった水玉みずたまの スカートのすそねた
自動的じどうてきにメモリーいっぱいのサマーデート
きになったよ Dot

きになったよ Dot