1. いつか冷たい雨が歌詞

「いつか冷たい雨が」の歌詞 イルカ

1979/9/20 リリース
作詞
イルカ
作曲
イルカ
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆきえきかたすみで
だれにも いたずら
されないよう
うずくまっている
年老としおいたいぬ
パンをあげても
てるだけ
ときれば
汽車きしゃわたし
くことのほか なにもして
あげられないわたし
ひろ道路どうろ真中まんなか
ひかれてしまった みけねこ
そのうえ何台なんだいものくるま
とおりすぎていく
おもわず
とじてしまった
わたしゆるしてください
みんなだって
そうおもっていると
しんじたいのです

うしとりやおさかなも
人間にんげんためにあるのよ
サアのこさずにべなさい
そんなふう
おかあさんには
なりたくありません
でもわたしだって べて
そだってたのだし
むしだって ころした
こともあります
だから だから
ねがいです
もうやく
なくなったら
すててしまったり
自分本位じぶんほんい
かわいがったり
ちいさなオリにじこめて
バカにしたり
きたながったり
人間にんげんだけが えらいんだ
なんて ことだけは
おもわないでください

人間以外にんげんいがいのものたちにも
もっとやさしく
してください
おなとききているの
だから
あさればよるるし
まれて そして
んで
わたしつちになったら
花達はなたち
そこからいてください